春を呼ぶ炎

三月一日 1261回目の修二会の本業が始まりました。
本業は十四日まで続きます。

修二会の本行は三月一日から十四日間ですが、それにまでに「別火」と呼ばれる前行の期間があります。

「別火」とは用いる火を世間と区別して行(ぎょう)の精進を期間で、東大寺戒壇院を別火坊と称して、練行衆全員が宿まりこんで行います。

「別火」は主に本業へ向けての準備の期間になりますが、前半を「試別火(ころべっか)」、後半を「惣別火」と呼びます。「試別火」は二月二十日から二十五日(閏年は二十六日)まで行われ、「惣別火」はそれ以降二月末日まで続きます。そして三月一日から始まる本業へと続きます。

と言うことで写真ですが・・・・





今年は初日から参戦して来ました。
今回は記者席の下で撮影してみました。

【title:春を呼ぶ炎】
c0193694_17391634.jpg





お松明の終わった裏参道。
ご夫婦で訪れていらっしゃったのでしょうか?
暗い夜道を二月堂をあとにして帰路につかれていました。

【title:帰路】
c0193694_17401546.jpg





お松明のあと、二月堂の舞台へ上がってみました。
舞台で撮影していた人たちがそこかしこで、写真の確認や反省会を繰り広げ、二月堂内陣へ入る方、燃え落ちた松明を拾う方などでひしめきあっていました。

【title:夜の二月堂-【その一】】
c0193694_17413482.jpg





【title:夜の二月堂-【その二】】
c0193694_1744490.jpg





【title:夜の二月堂-【その三】】
c0193694_1744418.jpg


↓↓↓気に入って頂けたらポチ!っとしてやってd(^-^)ネ!
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by ramble_24 | 2012-03-02 17:46 | 奈良県
<< 花の季節はまだ遠く 寒波 >>