藤原宮跡のコスモス

奈良は歴史の宝庫ですよね(^-^)
ちょっと移動したら史跡やら古墳やらが・・・地面を掘ったら古墳が出るって言うくらいですから。

で、そんな史跡も公園になっていたりします。
そんな史跡の一つ藤原宮跡ではそれぞれの季節のゾーンがあって、
花が植えられています。

ってことで、まずは藤原宮跡ってなんやねんって方のために歴史の勉強を・・・・
と言いましても私もわかりませんので、ネットで調べたりした受け売りです。
なので質問は一切受け付けません( ̄^ ̄) エッヘン
答えられませんので( ̄^ ̄) エッヘン

藤原宮跡(ふじわらきゅうせき)は、藤原京の中心施設である藤原宮のあったところです。

藤原京は中国の都城制を模して造られた日本初の本格的な都城で、
持統天皇が飛鳥から藤原の地に都を遷したのは694年のことです。

新たな都の造営は、亡き夫・天武天皇を意志を受け継いだ中央集権国家の確立には欠かせない一代事業でした。
その大きさは、東西方向約5.3km、南北方向4.8kmで、平城京、平安京をしのぐ古代最大の都です。

藤原京時代には大宝律令が制定され、貨幣も発行されました。
初めて「日本」という国号を使用したのも藤原京を発した遣唐使でした。

藤原宮跡では、季節ごとに美しい花が植えられ、
菜の花やコスモス、キバナコスモス、ハスなど色とりどりの大地のカーペットを楽しむことができます。
また、藤原宮跡は大和三山の絶好の眺望スポットとなっています。
藤原宮跡から見る朝陽・夕陽は息をのむほどの秀景です。

お暇なかたは一度足を運んで見られてはどうでしょうか?(^-^)

ってな感じです。

と言うことで写真ですが・・・・





【title:コスモス畑】
c0193694_11223954.jpg




【title:輝きを持つもの】
c0193694_11223828.jpg




【title:秋の風景】
c0193694_11223954.jpg




【title:美麗】
c0193694_11223890.jpg



↓↓↓気に入って頂けたらポチ!っとしてやってd(^-^)ネ!
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by ramble_24 | 2013-10-14 11:29 | 奈良県
<< 曽爾高原 蕎麦 >>